<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

レッチリ

b0154783_20245591.jpg

b0154783_2025974.jpg

DEAD STOCK RED HOT CHILI PEPPERS 1992 KOZIK T-SHIRTS  -SOLD OUT-

レッチリがサマソニに来るようですね。

参戦できるかわかりませんが、参戦できたらジョシュが加入した新制レッチリのサウンドをリアルに感じたいです。

個人的にはジョシュのアプローチはジョンに近いものがあるのではないかと予想していますが、どうなんでしょうね。

時が来るのを待ちます。


ここ最近はTシャツの紹介ができていませんでしたが、今月はレッチリのTシャツが2枚入荷していますので、過去に紹介した商品と合わせて紹介していきます。


まず1枚目はKOZIK柄のデッドストックです。

デザイン自体は珍しくありませんが、デッドで見つけるのはなかなか難しいと思います。

自分もデッドは初見ですが、新品の状態だとこの年代のプリントの分厚さに驚きます。

ユーズドでは感じられない重厚感があり、雰囲気も良いのでお勧めです。


b0154783_20252222.jpg

b0154783_2025408.jpg

RED HOT CHILI PEPPERS 90'S T-SHIRTS (Rare.Ver)  -SOLD OUT-

BLOOD SUGAR~期のデザインですね。

最初のデッドと同時期で、このデザインでよく見かけるはロンTなんですけど半袖ヴァージョンは滅多に見かけません。

状態があまり良くないのが残念ですが、雰囲気重視の方へお勧めです。


b0154783_2027466.jpg

b0154783_202831.jpg

RED HOT CHILI PEPPERS 1991-1992 TOUR T-SHIRTS  -SOLD OUT-

最後はかなり前にも紹介したBLOOD SUGAR~のツアーヴァージョン。

あまりにも有名なジャケットのプリントですが、BLOOD SUGAR~のジャケットのデザインだけでも色々なデザインのパターンがあります。

その中でも非常に貴重なツアーもの。

ファンであれば是非手にしてほしい1枚です。


レッチリは自分の中の核となっているバンドなので色々と紹介していきたいですが、レアなデザインはなかなか出てきません。

1990年代前後のロックTの中では最も押しているロックTなので、これからも色々と紹介できるようになりたいですね。



VINTAGE T-SHIRTS T-BOY
URL       http://www.t-boy.jp/
MAIL      info@t-boy.jp
TEL/FAX    03-6379-1981
by lords_of_canyons | 2011-02-23 20:35 | SHOP

adidas

b0154783_0271925.jpg
b0154783_02735100.jpg

adidas 80'S JERSEY TOP  \12,600-


大変ごぶさたしております。

全然更新していないのにも関わらず、アクセスいただいていて恐縮です。

最近は次の事業の発表のための準備に追われたり、Mother Cradleで友人から依頼を受けた製品の制作を行ったりしていました。

先月ブランドを発表したのに、もう次の事業?って感じですが、並行して進めていたけど遅れているという現状です。

しばらくは次の事業の発表のための作業に没頭する期間となりますが、できるだけ早く発表できるよう尽力中です。

ブログの更新はさっぱりですが、商品はどんなに忙しかろうがほぼ毎日ペースで更新していきますので楽しみにしていてください。


で、久しぶりの商品紹介なのにTシャツじゃないんかーい!って突っ込まれても仕方が無いんですが、何とジャージの入荷です。

以前に勤めていたSHOPではどんなに高く価格を付けても瞬殺、瞬殺って感じの大人気ぶりでしたが、現在は街着でジャージを着る人はほとんど見なくなりましたね。

ファッションは一巡するものですから、また日の目を見る時が訪れるのかもしれませんが、とりあえず今は下火もいいところでしょう 笑。


何で今さら、ジャージ?って感じもありますけど、基本的に古着の一点ものは「良いものはどんなときも良い」ということは変わりないことだと信じているので、それを世にバーンと押し出してみたくなったからです。

adidasのこのジャージの形状はATPという(このジャージはATPではありませんが)特殊アセテートを使用したボディで独特の表面の光沢感があり、そして両袖の3本ラインが有名です。

何よりこのジャージはバックにadidasロゴの刺繍付き。

自分の目から見れば下火だろうが何だろうが、「やっぱ良い!」と思ってしまいます。

2011年現在では本当に探されている方しか目がいかないかもしれませんが、ある意味新鮮に映ると思うので、興味がある方は是非ご検討ください。


なかなか更新できませんが、Tシャツの紹介も順次してまいります。


それと話は戻りますが、なぜ今回ジャージかって言うと、同日に格闘技界のパーティーがあり招待を受けていたので、スポーティーな気分になったってのも要因の一つですね。


b0154783_0445249.jpg


何やら重大な発表を行う格闘家・CRAZY884

このパーティーの様子はMother Cradle Diaryで書き綴っています。


良かったらご覧ください。


VINTAGE T-SHIRTS T-BOY
URL       http://www.t-boy.jp/
MAIL      info@t-boy.jp
TEL/FAX    03-6379-1981
by lords_of_canyons | 2011-02-23 00:47 | SHOP

大阪旅行記③-4

b0154783_2322865.jpg



日もだいぶ落ちてきたが、まだ太陽の塔の目は点灯していなかった。

しかし、ふと近くの桜の木を見ると一定間隔で様々な色でライトアップされていた。

特に赤のライトで照らされていた時は妖艶な雰囲気になった。

桜の木一つにしても人口の光の色や、太陽光、夜の電灯のライトアップなどで印象がだいぶ変わってくる。

様々なカラーのライトで照らされる桜を暫く眺めていると、公園の入口付近の松明に火が灯った。

そして太陽の塔を見ると・・・


b0154783_23232027.jpg



ついに太陽の塔の目が点灯した姿を見ることができた。

昼間の雰囲気とは全く別物で、畏怖の念すら感じるほどの存在感。

生まれて初めて見た太陽の塔が偶然にもメモリアル・イヤーの時で、40年ぶりに点灯したライトの姿まで見ることができたのは本当に運が良かったとしか言いようがない。

そして、何よりもリアルタイムで大阪万博を体験した人達にとって、ライトが点灯された太陽の塔を見ることは、自分では到底理解のできない気持ちになったいたであろうことが推測される。

満足いくまで太陽の塔を眺め、公園を後にした。

(当然、物販エリアでは太陽の塔グッズを購入したことは言うまでもなく・・・笑)


To Be Continued…


b0154783_23254397.jpg

by lords_of_canyons | 2011-02-10 23:26 | TRAVEL

大阪旅行記③-3

b0154783_225116100.jpg



広場を後にし、ちょうど太陽の塔の裏側にまわってきた。

裏側と言えど、こちらの面も細かくデザインされている。

b0154783_22533717.jpg



自分と塔を対比させると太陽の塔の大きさが伝わるだろうか…。


太陽の塔の裏側も満足行くまで撮影。

岡本太郎氏の創作の偉大さを改めて肌で感じたのだった。


b0154783_2250068.jpg


b0154783_22552057.jpg


b0154783_2256473.jpg




そして、この辺りは各国のパビリオンの名残があった。

異形のものがたくさんあって、どれも好奇心をそそるものばかりだった。


b0154783_22565259.jpg



太陽の塔の裏側も通り過ぎてしばらく歩くと、花見スポットに出てきた。


日も暮れてきて、これまでの散歩道は人がまばらだったが、この辺は花見を楽しむお客さんで賑わっていた。


花見スポットを抜け、しばらく歩くとようやく公園を一周。

ようやく元の場所に戻ってきた。


To Be Continued…
by lords_of_canyons | 2011-02-08 22:57 | TRAVEL

日本人として

b0154783_2015966.jpg

b0154783_2021380.jpg

DOKKEN 80'S T-SHIRTS  -SOLD OUT-

2月に入りました。

本日のニュースは、やはり長友のインテル移籍でしょう。

アジアカップもほとんどの試合を観戦しましたが、長友選手は素晴らしい活躍をしていましたね。

守備はもちろんですが、今大会は特に攻撃面でワールドカップの時よりレベルアップしたように感じました。

センタリングの精度が上がり、決定的なチャンスを何度も作っていました。

インテルはオランダのスナイデルやカメルーンのエトーという世界レベルのストライカーがいるチームですので、そんな強豪チームで一緒にプレーすることは本当にすごいことだと思います。

目標の世界一のサイドバックに大きく近づいたのではないでしょうか。

長友選手の今後の活躍に期待したいと思います。


今月一発めは先月と全く同じですが、アジアカップ優勝を受け日本人としての誇りをフューチャーするべく、今回もドッケンの浮世絵デザインからスタートします。

前回色々記載したので改めて多くは語りませんが、ドッケンのTシャツの中で最も人気のあるデザインです。


お問い合わせも多く、探されている方も多いと思いますので、ご検討ください。



VINTAGE T-SHIRTS T-BOY
URL       http://www.t-boy.jp/
MAIL      info@t-boy.jp
TEL/FAX    03-6379-1981
by lords_of_canyons | 2011-02-01 20:04 | SHOP