<   2009年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ご挨拶

b0154783_493661.jpg
b0154783_494717.jpg

THE CLASH 1984 TOUR T-SHIRTS  -SOLD OUT-

今年も残すところ、あと1日となりました。

年々、1年の長さが短く感じるように思えます。

今年を振り返るとお店としては飛躍できた1年ではないかと思います。

今年は稀に見る大不況に見舞われ、いつもは比較的商品が動くオンシーズンでも、今年は売れないのではないか…という不安が常にありました。


しかし、幸運にも当店をご覧いただいた顧客様に恵まれ、今までで最高の需要を獲得することができました。

ヴィンテージのアイテムが持つ普遍的な魅力と一点物の強みの手ごたえを感じることができ、さらに秋には世田谷ベースさんに広告まで載せていただける運びとなりました。

広告に載せていただくことにより、今までに比べ当店を知っていただいた方も多く、お店が一つ前に前進できたと思います。

客観的に見たら大した前進ではないかもしれませんが、私のようなWEBのみでお店を営んでいる人間にとっては大きな一歩でした。

このような形でも続けていると、その先の課題というか目標が見えてくるものです。

2010年はさらに進化できるよう、今自分の頭で思い描いていることを形にして、自分の夢に近づいていければと思います。


今年は自分のことで手一杯な1年で、あまり人と交流できませんでしたが、来年はもっと友人たちと笑いあえるような素敵な1年にしたいと思います。


そして今年最後の1枚は、この不況をぶち壊せ!っていう想いを込めてTHE CLASHのTシャツです。


厳しい時代ですが、目に見えない不安に振り回されることなく、自分の夢を信じてまっすぐ進むことが大事だと思います。


今年もどうもありがとうございました。


改めて自分の周囲の人達、ご愛顧いただいた方に御礼申し上げます。


来年も宜しくお願いいたします。


2009年12月31日    

VINTAGE T-SHIRTS T-BOY    
by lords_of_canyons | 2009-12-31 00:00 | SHOP

King of Vintage No.1 Heller’s Cafe

b0154783_0482634.jpg


この業界に携わっている方であれば、誰でも一度は耳にしたことがあるでしょう。

アメリカを代表するヴィンテージ・ディーラー、Heller's CafeのLary Mckofgian氏のコレクションをまとめたスペシャルブック・King of Vintage No.1 Heller’s CafeがMy Freedamn!シリーズでおなじみの田中凛太郎氏より12月24日にリリースされました。


ラリー氏の所有するヴィンテージの数々は、この業界で言えば神の領域とも言える内容で、自分も何点か見たことがありますが、全てが超スペシャル、アメリカでこの人以上のヴィンテージ・ディーラーはいないと思います。


このスペシャルブックは3000部のみの限定生産で日本には1000部のみ限定販売されるようです。


自分も速攻で注文しました。


自分のお店の商品は自分の性格上あまり無理にプッシュしないのですが 笑、このスペシャルブックはファンなら即購入することをお勧めします。


1000冊限定という言葉にやられた感はありますが 笑、これを買い逃すと絶対に後悔するので、あまりモノを即買うことが少ない自分としては珍しく即決で買いましたね…。


間違いなく、ヴィンテージの頂点とも言えるべき珠玉のアイテムが掲載されているのでヴィンテージに興味ある方は是非お早めに…!
by lords_of_canyons | 2009-12-26 01:00 | BOOK

KOOL

b0154783_23595353.jpg

b0154783_001261.jpg

80'S KOOL T-SHIRTS  -SOLD OUT-


また煙草税が増税されるかもしれませんね。

嗜好品とはいえ、1本5円の増税だと300円が400円になり、一日一箱だと単純計算で1ヶ月12000円になるので、そう考えるとけっこう苦しいですね...。

さらに1年で計算すると144000円...!

ヴィンテージが1着買えてしまいます。

健康促進の面で言えばわかりますけど、増税して税収を考えているのであれば、値上げして煙草辞める人も増えるでしょうから、国益に繋がるかどうか疑問に感じます。


この話題があったからこその紹介に繋がった感はありますが(笑)、当店には現時点でKOOLのTシャツが2枚あります。

1枚目は両面プリントのリンガーTシャツで、配色もパッケージと同じですね。

いかにもアメカジっていう感じの雰囲気があるデザインです。

b0154783_022841.jpg

DEAD STOCK 80'S KOOL T-SHIRTS  -SOLD OUT-


もう1枚はフロントにシンプルにロゴマークを配したデザイン。

こちらはデッドストックですが、あまりにもシンプルすぎるため(笑)価格はお安めに設定しています。

KOOLは世界初のメンソール煙草のブランドのようで、自分も初めて吸った時はメンソールの強さに衝撃を覚えた記憶があります。

今では様々なメーカーがメンソール煙草を出していますが、KOOLは最初のメンソール煙草なだけにきっと加減がわからなかったのかもしれませんね(笑)。

未だに強力なメンソールで提供し続ける姿には一本気を感じます。


話が脱線してるのか、そうでないかよくわからない感じですが(笑)、企業もののTシャツの中でもシンプルで合わせやすく、人も選ばず幅広く活用できるのでお勧めです。
by lords_of_canyons | 2009-12-22 23:37 | SHOP

CODA

b0154783_1441661.jpg

b0154783_1441214.jpg

LED ZEPPELIN 80'S T-SHIRTS “CODA”  \17,640-

どーもです。

ごぶさたな感じです。

今週は色々と波があって飲まれかけましたが、周りの人間から浮き輪を投げてもらい、溺れずに済みました。


悪い話ばかりではなく良い話もあったのですが、かーなりメンタルにグッと来た1週間でしたねー。

特にジョン脱退とか、ジョン脱退とか、ジョン脱退とか…


でっかい衝撃の内の1つがこれです。

今までこのお店のブログを通して様々な記事を書いてきましたが、一番好きなものについては書いてないですね。


自分の「核」となるものを述べるとしたら、きっと壮大な文量になってしまうでしょう。


ジョン・フルシアンテが在籍するレッド・ホット・チリ・ペッパーズは自分の中の音楽面の「核」でした。


今週友人と電話でジョン脱退のことを話していて、その時はまだ噂話だったので頭では理解していましたが、それが現実となったとき大きな喪失感に襲われました。(実際には1年前から決まっていたそうな…)

自分が思っていることを書くと長くなってしまうのでこの辺にしておきますが、前を向いて歩いていくとすれば、来年自分の20代が終わるのと同時に自分の中の「レッチリ」も一つの幕を下ろしたのだと考えないとやってられないです。

自分の気持ちはまとまることもありませんので、とりあえずmixi日記にでも思いのたけを書きなぐろうかと思います 笑。


そして、この話の流れで…ってわけじゃありませんけど、このZEPのTシャツのアルバム「CODA」も前作品から過去に遡った未発表曲を収録した作品で、自分が一番崇拝するドラマーであるジョン・ボーナム亡き後にリリースされたので、結果的にはジョン・ボーナムに捧ぐ追悼アルバムとも言われています。

このTシャツに関して言えばパキ綿のブートですが、ZEPのシンボルマークである羽の生えた男を中心としたグラフィックが最高ですね。

ZEPのオールドTは非常にマーチャンダイズの種類が豊富で、グラフィックもピンキリですが、このTシャツはパキ綿のブートであるものの、非常にレベルの高いグラフィックと経年経過による雰囲気が出ている逸品です。
by lords_of_canyons | 2009-12-19 15:12 | SHOP

BIG FISH

b0154783_17283232.jpg

ビッグ・フィッシュ


自分の小さな趣味が好きな映画のDVD収集。

渋谷のTSUTAYAで一部の旧作が3枚で3000円で販売されているので、過去自分が観た作品の中でまた観たい、ずっと保存しておきたいと思った作品が3作品あったら定期的に購入しています。


今回買った作品のうちの一つがこのBIG FISH。 何年か前に観賞したのですが心に残った内容で、そのことを当時友人に話したら友人も観賞していたらしく、友人は号泣したらしいです。(自分は泣くまでは至りませんでしたが(笑)。)


久しぶりに観賞をしましたが、いやあ...


今回は泣かせていただきました(笑)。

本当に心温まる内容なんですよね。

最近は本当にせわしい毎日を過ごしていて、気持ちに余裕が無かったせいか、その分感慨深く感じてこの話の重要な部分の理解が以前観たときより大きく深まったと思います。

最初観たときは、いい話だな~とほのぼのとしただけで、もちろんそれでもいいんですが、今回はこの作品の素晴らしさ、作品が伝えたい意図を真の意味で理解できたのではと感じています。

嘘や空想も色々な種類があって、時にはそれが人生を彩るものとなることや、それ故に構築される素晴らしい人間関係があることを学ばせていただきました。


言葉では語り尽くせないほどいい作品なのでお勧めです。
by lords_of_canyons | 2009-12-13 17:29 | MOVIE

Google アドワーズ

b0154783_22164160.jpg


最近、Googleさんから届いたアドワーズ広告のDM。

ついに自分の店もGoogleさんの目に留まるようになったかーなんて若干はしゃいでたら、気になる部分が...


「あなたのページは以下のようなキーワードで検索されています。」


という文章の下にキーワード例が3つ書いていました。

例:ビンテージ Tシャツ

例:dead stock

例:アキノ大統領



...アキノ大統領...


例えば「ヴィンテージ」とか「ロックT」とかならわかるし、ていうか、もっと店に関するワードなんて腐るほどあるだろう。

しかし、Googleさんが例に挙げていただいたのはアキノ大統領。 (見た瞬間、すげー吹きました 笑。)

どんな古着に関するワードよりアキノ大統領で迷いこんでくる人が多いってことか...(笑)。


こうなったらアキノ大統領をもっとフューチャーしなくてはなりませんね。



この記事もアキノ大統領を連呼しまくってるので、今後検索で引っ掛かることが多くなるでしょう。


それでは、本日は最後に全国のアキノ大統領ファンへアキノ大統領のどアップをお送りしてのお別れです。


b0154783_22185354.jpg

by lords_of_canyons | 2009-12-11 22:20 | SHOP

ON THE ROAD AGAIN

b0154783_254430.jpg

b0154783_26095.jpg

GRATEFUL DEAD 80'S T-SHIRTS “ON THE ROAD AGAIN”  -SOLD OUT-


自分が長年探し求めていたGRATEFUL DEADの「ON THE ROAD AGAIN」のTシャツがついに舞い降りてきました。

GRATEFUL DEADのTシャツはロックTの中でも最も種類が多いことは有名です。

My Freedamn!4やヴィンテージロックTを扱う本、実物を含め数々のデザインを見てきましたが、その中のNo.1はこの「ON THE ROAD AGAIN」のスモーキングスカルのTシャツです。

デザインがロックそのもので一番気に入っていることもありますが、自分の場合はさらにこの1980年というのが自分の生まれた年なので余計に愛着がわきます。

1980年というのは自分の個人的理由ですが、それを抜かしたとしても、このスカルが煙草をふかしている様はロックンロールそのもので、ロック魂を感じずにはいられません。

正確に言うとGRATEFUL DEADはサイケデリックロックバンドなので、ロックンロールと言うと語弊がありますが、サイケデリックなのにバリバリロックなデザインじゃん、っていうアンチ的な要素が一層魅力を引き立てているように思えます。


ここまで言っているので、当然自分が欲しいということは言うまでもありませんが(笑)、このTシャツの魅力を伝えたいという願望の方が強いので、お探しだった方は是非ご検討ください。

グッドサイズ、グッドコンディションで、まず言うことは何もありません。


今回デッドTはかなり気合い入ってますので、他のデッドTも是非ご覧ください。


b0154783_292887.jpg

b0154783_294374.jpg

GRATEFUL DEAD 80'S T-SHIRTS “RECKONING”  \18,900-



b0154783_211970.jpg

b0154783_2112750.jpg

GRATEFUL DEAD 80'S T-SHIRTS  -SOLD OUT-
by lords_of_canyons | 2009-12-11 00:12 | SHOP

ピンバッジ

b0154783_22593154.jpg


ピンバッジの取り扱いをはじめました。

当店には影のアドバイサー的な存在の人間がいるのですが、ある日下北の古着屋に一緒に入ったとき、オールドの缶バッジがアドバイザーの目に留まり、これだ!と思ったらしく、取り扱うよう進言されました。


アドバイザー 「バッジ扱いなよ!」

自分 「え~、店に置くならいいけど、写真撮るのとかハンパなく面倒じゃん...」

ア 「やったほうがいいって!」

自分 「配送も普通のだと送料の方がが高くなるから、別の方法考えなくちゃいけないじゃん...?」

ア 「やればいいじゃない、あなたやればいいじゃない」

自分 「...はい。」


会話の表現は実際のものと異なる部分がありますが(笑)、まあ大体こんな感じが事の発端です。

自分の店なのに外部の力が大きく働いている感は否めませんが(笑)、自分もバッジ類は古着屋に行けば必ずチェックするくらい好きなので、展開させていただくこととなりました。

で、ネットの場合気になるのが送料なのですが、ピンバッジのみの購入の際には送料を無料とさせていただきます。(ヤマト運輸のメール便での配送です。)

欲しいバッジがあるのに、小さいバッジ一つで送料まで発生すると少し損をした気分になりませんか?

自分の場合は、いい小物が見つかっても衣類を買うのと同じ送料が発生したら、買わなくていっか~と思ってしまいますので、バッジのみの購入の場合は送料を無料とさせていただきました。

(衣類を併せて購入される場合で合計金額が10000円以下の場合は600円の送料が発生します。)

バッジの価格帯は古着屋さんで扱っているものと変わらないかと思いますが、バッジのみは送料が発生しませんので遠方の方でも気にされることなくご購入いただけるよう配慮させていただいております。

バッジはジャケットに付けたりバッグに付けるだけでアクセントになり、種類も豊富なので見ているだけでも楽しいですね。

ちなみに自分は無地のジャケットやバッグに付けて楽しんでいます。


b0154783_2345028.jpg


自分の私物で恐縮ですが、こんな感じで自分は無地のピーコートに付けて楽しんでいます。

一つ付けるだけでジャケットの雰囲気が大きく変わり、大変気に入ってます。

飽きたら他のものに付け替えることもできるので、幅広く楽しんでいただける立派な商品です。

スタートはピンバッジやバッジだけですが、今後缶バッジも取り扱う予定ですので、ご興味ある方は楽しみにしていてください。


最後に一言... 案の定、準備が大変で何度気が狂いそうになったかわかりません...(笑)。
by lords_of_canyons | 2009-12-09 23:04 | SHOP

Korean Trippin'②-3

b0154783_2129262.jpg


万を持して南大門市場の中へ...!

この人だかりと活気の凄さは唯一無二のもので、まるで早朝の築地市場と祝日の表参道を合体させたような賑わいようだった。

美味しそうな海産物を販売するお店、屋台、衣料品を扱うお店、お土産屋さんが無数にあり、広場自体も広大なので、ちゃんと見ようと思ったら一日で全て見るのは不可能だろう。

人混みをくぐり抜け、最初にやってきたのはアメリカの衣料(主に軍物)を大量に扱うエリア。

この場所は事前にチェックしていたので、どういう感じなのかはわかっていた。


しかし...



b0154783_2136165.jpg



実物の服のかたまりはやっぱ凄い...

この服の塊の高さは約2メートル。

この中から商品となりそうなブツを探すわけだ。


もちろん一般の人も購入することができる。

この高さ2メートル、長さ50メートルの服の壁から商品となるブツをどれだけゲットできるかが勝負。

必死で探したり、お店のおじさんと談笑したり(笑)と、あっという間に時間は過ぎていった。


そして、収穫は... ゼロ(笑)。


あるにはあったが、自分の店とテイストが異なっていたので購入を断念。


そして再び南大門市場という戦場へと戻っていった。
by lords_of_canyons | 2009-12-08 21:44 | TRAVEL

打ち合わせ

b0154783_1654724.jpg


先日、渋谷のカフェにて打ち合わせ。


今回が相手側との最終の打ち合わせになるので、漏れが無いように準備を進めていた。

事前に伝えなければいけないことをまとめてあったこともあり話はスムーズに進み、打ち合わせは約20分ほどで終了。


後は他の人に頼んであるものが仕上がれば、ゴールが見えてくると言った状況か。

これを見ている関係者の方々、私はお待ちしてますよ・・・(と無駄にプレッシャーをかけてみる 笑)


知らない人から見たら何のこっちゃって感じですが、来年には発表できると思います。


今年も残りわずかですが、頑張っていこうと思います。
by lords_of_canyons | 2009-12-06 17:06 | LIFE