<   2009年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ROOKIES -卒業-

b0154783_13571155.jpg


このブログに引っ越してから更新までこんなに間を空けたのは初めてです。

すいません、色々とバタバタしておりました。


昨日、ようやく時間のゆとりを持つことができ、急遽ROOKIES -卒業-を公開初日に観に行ってきました。

新宿のバルト9というところを利用することにしたんですが、公開初日に予約無しじゃ入れないだろうと思い、会員登録をして当日券を予約しました。

到着したのが開始時間ギリギリだったので、急いで発券しようとしたら

「受付時間は過ぎました。」

の表示が…

急いでフロントに行ったら、当日券の発券は1時間前までに行わないといけなかったみたいです…。

幸いにも次の時間の枠が空いていたのでチケットを取りました。(といっても帰りはタクシー決定の時間…)


上映時間は2時間半ほどありましたが、あっという間に終わってしまいました。


自分は漫画を熟読していてキャラクターも完全に把握しているので、こいつはこんなセリフ言わねーだろとか、あのセリフやシーンを再現してほしかったなーという要望が残ってしまいましたが、そもそも原作とストーリーの流れが異なっているので、途中から原作と比較せずに映画に入り込んで鑑賞しました。

映像だと人の感情が直に伝わるのでものすごく感情移入し、ラストは本当に感動しました。


きっと、もっと今より仲間と過ごす時間が多い学生時代にこの映画を観たらもっと感動していたと思います。

色々書きたい事はあるのですが、あんましゃべると内容に触れてしまい、これから観る人に失礼なのでこの辺にしておきます。

人間の心にストレートに飛び込んでくるこの作品はきっと明日を生きる糧となるものだと思います。

P.S.先週発売のヤングジャンプで読みきりでROOKIESの原作の続きの話が描かれています。

ファンなら永久保存版です!
by lords_of_canyons | 2009-05-31 14:20 | MOVIE

BLOW

b0154783_15291356.jpg


ブロウ


2001年に公開された時に見てから約7年ぶりの再会。

本来なら真っ先に手に入れるはずだが、後手後手にまわってしまい、ついに永久保存版として手に入れた。

この映画は自分の中ではBEST3に入る作品。


1960年代~80年代に暗躍したジョージ・ユングという麻薬王の実話。

ある片田舎で小さい建設会社を営む父親の家で育ったジョージが父親の会社の破産、それによる両親の不和により、両親の愛に溢れ、裕福な家庭を持つことを夢見る。

青年になったジョージは幼馴染と一緒に若者で賑わうカリフォルニアへ移住し、そこで出会った女性から麻薬の元締めを紹介してもらい、麻薬売買の世界に入る事になる。

やがて麻薬王へと登りつめていくユングの自伝的映画なのだが、魅力的なのは単なるクライム・サスペンスというわけではなく、非常に人間的な視点でジョージ・ユングを中心とした周りの人間の心情が描かれていることである。


ジョージがどのような状況でも変わらず受け入れようとする父へ送る言葉と、ラストで自分自身を述懐するジョージの言葉が心に残りました。


ジョニー・デップ扮するジョージの70'Sスタイルも最高にかっこよく、ファッション面から見ても参考になり、実話とは思えないようなクオリティ。


最高の作品です。
by lords_of_canyons | 2009-05-24 17:39 | MOVIE

70'S adidas TANK TOP

b0154783_2391322.jpg


70'S adidas TANK TOP  \6,090-

アディダスと言えば、誰もが知っている若葉マークですが、当商品は珍しい1970年代のハイビスカス柄のタンクトップです。

ボディの褪せた感じ、プリントの雰囲気から見ると、いかにも1970年代らしいサーフ系のグラフィックとなっています。

1980年代の若葉マークは不動の人気ですが、人と差をつけるならこのような変り種をさらっと着てみるのはいかがでしょうか?

どのような目的でデザインされたか全く不明であり、一歩間違えればハイビスカスの上にただ「adidas」って描いただけじゃんと、突っ込まれてもおかしくない感じですが、まあ多分、ノリで作られたのでしょう…笑

もう夏なのですから、「ハイビスカス描いてみたけど、adidasって入れてみよっかなあ」っていうくらいの浮かれっぷりを見せてもいいよなあと、このTANK TOPを見ながらしみじみ思いました。


少し話が脱線しましたが、グラフィックはオールドサーフテイストで変り種であることは間違い無いので、こちらも自信を持ってお勧めします。
by lords_of_canyons | 2009-05-22 23:20 | SHOP

EARLY 80'S PINK FLOYD T-SHIRTS

b0154783_225044.jpg


b0154783_22502784.jpg


DEAD STOCK PINK FLOYD 80'S TOUR T-SHIRTS  -SOLD OUT-

最近は商品紹介か旅日記しか書いてませんね。


それもそのはず、仕事しかしていない状態です…。


整体に行ったのですが、整体に行っても疲れが回復しきらず、先生も困り果ててました。(つーか、軽く怒られました…休めと…。)


教養のかけらも無く、アンメルツヨコヨコが友達な自分ですが、最近前々からずっと保存版として所有したかった映画をようやくGETしたので、その映画の感想を今度書こうと思います。


話戻りまして、こちらは1980年代初頭のPINK FLOYDのツアーTシャツです。恐らくPINK FLOYDの代表作である「狂気」と「THE WALL」がリリースされた後くらいのツアーものだと思います。

写真だとわかりづらいのですが、ボディカラーは黒に近い深い紫色と言った感じで、このカラーはこのPINK FLOYDのTシャツでしか見たことがありません。

もちろん、ボディはボディなので他のプリントが入ったものも作られているのでしょうが、PINK FLOYDの独特な世界観を表現するために作られたと言っても過言ではないほど、デザインとボディのカラーがマッチしています。


プログレの先駆者でもあるPINK FLOYDの魅力は音楽だけにとどまらず、このTシャツのようなアートワークにこそ現れていると思います。

飾っても絵になりそうな素晴らしいグラフィックなので、非常にお勧めな当店いち押し商品です。
by lords_of_canyons | 2009-05-22 23:05 | SHOP

那須旅行記 Archive

b0154783_2027980.jpg


那須旅行記を書き終えました。

旅の感想としては、まあ国内ということもあり特にアクシデントがあったわけではなく、ほのぼのとした慰安旅行と言った感じでしたね。

ロス旅行と比べたら対極的な内容ですが、いずれにしても気心知れた仲間と時間を共にすることは何物にも変えられない価値があります。

内容はどうなるかわかりませんが、今年もまた仲間と時間を共にしたいと思います。

それでは下記がアーカイブです。

【那須旅行記 Archive】

那須旅行記①初日

那須旅行記②2日目
by lords_of_canyons | 2009-05-20 20:27 | TRAVEL

那須旅行記 Final

b0154783_2019373.jpg


旅の締めくくりは・・・

やっぱ温泉でしょってことで山奥の温泉へ向かった。

その道には旅館が隣接しており、その中で露天風呂がある温泉に行くことにしたが、到着する頃には雨が降り始めていた・・・。


風呂に入り、露天風呂の場所に行ってみると、何と人が2、3人入れる程度の大きさで、しかもトタン屋根みたいなしょっぱい屋根が付いていて、空は壁とその屋根のわずかな隙間からしか見れなかった・・・(しかも雨)

入ってみたが温泉とは言えないぬるま湯で、入るメリットが全く感じれなかったので露天は諦めることに・・・。


風呂から上がり外に出ると、シャレにならない雷雨・・・。

雨が弱まるまで様子を見て、弱まった隙に車に駆け込み出発。


帰りの高速では温泉の時とは比にならない激しい雷雨に見舞われ、車線はおろか2メートル先も全く見えない状況に・・・!

運転している友人Hはもちろん、自分達も緊張の中、進んで行った。

頼りになるのは微かに見える前方の車のライトのみ。

緊迫した状況が続いたが、友人Hの冷静なドライビングでゆっくり進んで行き、東京に入る頃にようやく豪雨地帯を抜けた。

凄まじく大きい台風の中を進んでいたようで、抜けるといきなり晴れ間が広がった。

後ろを見てみると、どす黒い雲の塊群が・・・。 それはまるでラピュタを取り囲む雷雲のようだった・・・。

こんな中をよく進んだものだと思ったし、何よりこの旅をほぼずっと運転してくれた友人Hに感謝である。


短い間だったが、ほのぼのしていて心に残るいい旅だった。

b0154783_20205644.jpg


家に入る前にふと後ろを見ると、きれいな夕焼けが広がっていた。


那須旅行記 -完-
by lords_of_canyons | 2009-05-20 20:21 | TRAVEL

那須旅行記②-6

b0154783_2061058.jpg


さらに奥に進み右へ曲がると・・・

ヤギ達が現れた・・・!

ヤギ達は急に現れた自分達に驚くことも無い様子で草を食べていた。

しばらく様子を見ていると、こちらには全く興味が無い様子で草を食べていた。

近づいてみてヤギに触ってみたが、こちらには全く興味が無い様子で草を食べていた。


・・・って、食うだけかい!


思わず、つっこまずにはいられない勢いでヤギ達は草を食い続けていた。


YOMEが自分のデジカメでヤギをアップで撮りたいと言うので、カメラを絶対落とさないように注意してカメラを渡した。

YOMEが近づいて写真を録ろうとすると、ヤギが急に顔をヌッとあげたことにひるみ、言った側からカメラを落としてしまった・・・!


「おい、何やってんだよ・・・!」


落胆する自分。

デジカメの画面は「レンズエラー」とだけ表示され全く動かない・・・。

イラっときたが、 運よく5分ほどで復旧。

b0154783_21162358.jpg


機嫌も直ってきた自分はヤギとツーショット。

こんな時ももちろんヤギは草を食っていた…。


ヤギ達の場所を後にし、しばらく歩くとスタート地点に戻ってきた。

b0154783_21173883.jpg


歩いている途中、このような広大な草原が広がっていて、清清しかった。


こうして十分に那須の空気を満喫し、牧場を後にした。

To Be Continued…
by lords_of_canyons | 2009-05-18 21:19 | TRAVEL

定額給付金で…

b0154783_2321210.jpg


5月某日。

この日は本当は友人と初台のオペラシティのアントワープ・ファッション展に行く予定でしたが、友人が急な発熱(某インフルではありません)のため延期に…。

しかし、友人は原宿でマルタン・マルジェラの「◎手仕事により、フォルムを作り直した女性と男性のための服」展がやってるという置き土産的な情報を残してくれたので行ってきました。

別名アーティザナルコレクションと呼ばれるマルタン・マルジェラの作品は、既存の服やオブジェを解体し、新たな服やアクセサリーにつくりかえるというコンセプトにより生まれました。

友人の家にマルジェラの本があったので、以前紙面上では見たことがありましたが実物を見ると、マルジェラの創造力、想像力に目を奪われました。

既成概念を破壊するとはこういうことを言うんだなと感じ、短い時間ではありましたがコレクションに見入っていました。

残念ながら既に展示会は終わってしまいましたが、マルジェラの路面店にてBOOKが販売されているので興味がある方はご覧いただければと思います。


ところで、定額給付金はもう受け取りましたか?

自分はまだ受け取っていませんが、申請してだいぶ経つので(もうすぐ入ると想定して)渋谷の某古着屋で靴を思い切って2足買いしました。

1945年第2次世界大戦時のスニーカーの復刻物です。

軍物の復刻物なのでノーブランドですが、さすがに2足買ったら12000円オーバーかなと思いきや…


何と、1足5000円!

や、安い。

はっきり言ってこのプライスでなければ2足買いはしなかったでしょう。

給付金はせっかくなのでパーっと使ってしまうのがいいと思います。


このような豪勢な使い方は滅多にできないので、普段財布のひもが固い人も給付金は思い切って使ってみてはどうでしょう?

かなり爽快ですよ。
by lords_of_canyons | 2009-05-18 02:55 | CLOTHING

アリかナシか

b0154783_19424220.jpg


80'S DRAGON T-SHIRTS  \2,940-


ドラゴンが現れた!

コマンド?

・・・正に初期のRPGを思わせるようなドラゴンTです。

自分は商品を掲載する際、どのような背景があってデザインされたかを自分なりの視点でご覧いただいてる方にわかりやすく紹介していますが、このドラゴンは・・・。

背景も何も無い、ただ、「ドラゴン」です。


・・・これ以上自分からは何も言うことが無いのですが、あえて問いかけるのであれば・・・。


アリかナシか。


これだけです。


逆に言うと、このTシャツほど人の感性に委ねられるデザインも珍しいと思います。

よくパロディTとかで謳われるのは「コーディネートのハズシとしてなんやかんや~」みたいなのがありますが、もはやハズシとかそういう次元を越えていると思います。

その人の感性によってダサく映るかもしれませんし、かっこよく映るかもしれません。

あなたにこのドラゴンTはどのように映るでしょう…?


賽は投げられた!
by lords_of_canyons | 2009-05-12 19:43 | SHOP

コウラ

b0154783_19354361.jpg


ウサギと亀の競争のお話は誰もが知っていますね。

亀が頑張っている感じがプリントからひしひしと伝わってきます。

当商品はそんなノロマだけど頑張っている亀をイメージして描かれたTシャツ・・・

と思いきや。

b0154783_1936568.jpg


COCA-COLA 1990 CHARACTER T-SHIRTS  -SOLD OUT-


何とコカコーラのTシャツでした。

バックプリントを見ないかぎり、ただの亀のTシャツでしたが…。

恐らくイベント用か何かのTシャツだと思いますが、それにしても亀とコーラが結び付きません。


コーラ、コウラ、こうら、甲羅・・・





コーラと甲羅を掛けたのだと確信しました。

アメリカ人は、しょうもないギャグが好きですからね。


しかし一日経って、甲羅は日本語だったということに気がつきました。


しょうもないのは自分でした。
by lords_of_canyons | 2009-05-12 19:37 | SHOP