<   2009年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

IGGY THE POWER!

b0154783_21553025.jpg
b0154783_21554587.jpg


IGGY POP 90'S T-SHIRTS  -SOLD OUT-


何だかご無沙汰な感じです。

実は最近、プリントTシャツで個性を主張する時代は終わったという、腰が抜けそうな情報を聞いてしまい、実際しばらく立ち直れずに更新ができませんでした。

…というのは嘘ですが 笑。

でもプリントTでは無く、今のトレンドは無地であるということは本当の話のようです…。

そんな話を聞いたら黙ってられない、早急に総柄Tを紹介せねば!と思い筆を取っています 笑。

昔っから人からこーしろと言われてもなかなか首を縦に振らなかったり、白だと言われたら黒になってみたり、今回も無地がトレンドと言われれば総柄を紹介してしまったりと完全に天邪鬼体質です(単なるひねくれものって噂も 笑)。

というわけで1990年のIGGY POPの総柄Tシャツです。

これはバックプリントにあるように「Brick by Brick」というアルバムのジャケットのTシャツです。

アルバムのジャケットをそのままTシャツに落とし込んだデザインはIGGYに限らず数多くありますが、いくら何でも、そのまま落とし込みすぎではないんでしょうか 笑?

この勢いがIGGYそのものを表現しているようでなりません。

無地Tシャツもいいですけど、これからの季節を思うなら、このくらいど派手にパーっと行きたいところですね。

IGGYよ、今こそ力を!!
by lords_of_canyons | 2009-04-30 22:14 | SHOP

SOUND of The Sky Crawlers

b0154783_13142580.jpg

「SOUND of The Sky Crawlers」 / 川井 憲次

スカイ・クロラシリーズ全巻、DVD、そしてサウンド・トラックまで揃えれば、もはや立派なスカイ・クロラマニアです。

DVDを購入後何回も繰り返し観ていると、耳に入ってくる音楽の素晴らしさに魅かれ、ついには滅多に買わないサウンドトラックまで購入してしまいました。

音楽を担当されているのはアニメなどの作曲で有名な川井憲次さんで、今では映画監督である押井守さんの作品には欠かせない存在となっています。

攻殻機動隊を見ていた頃から劇中で使われている音楽は気になっていましたが、スカイ・クロラを観て、その気になる引っかかりが自分の中で確信的なものに変わり、これはしっかり聴かなくてはと思い購入に至ったわけです。

自分の中での川井憲次さんの魅力は「音の深さと広さ」、「神秘的」という言葉に集約されます。

スカイ・クロラのオープニングの空のシーンで使用されているメインテーマは、正に上記の言葉を集約したような素晴らしいものでした。

空の映像と重なっているのでなおさらだったのかもしれませんが、幾重にも重ねたコーラスワーク、金管楽器を使用して彩られた世界観は映像を引き立てると共に、見ている側に空の広さ、深さを感じさせ、幻想的な気持ちにさせてくれるものでした。

メインテーマだけでいくつものアレンジがされており、様々なヴァージョンを聴くことができます。

外でも聴いたりしますが、聞いた瞬間に空の映像が頭の中に浮かび上がり、心地よい気分にさせてくれます。

偉そうに語ってしまいましたが、川井憲次さんの作品はこのサウンドトラックでしか聴いたことがないので(他は正確には攻殻機動隊の劇中で少々)、余裕がある時に他の作品も是非聴いてみたいと思います。
by lords_of_canyons | 2009-04-26 13:47 | MUSIC

月例会・大所帯

b0154783_040911.jpg


写真は月例会とは関係ないですけど、先日訪れたMY HOME・井の頭公園の花見模様です。(写真撮らなかったんで 笑)

今日は恒例のmasago糸井さん達との月例会でした。

今日はいつものメンツではなく、糸井さんの周りの友人の方々を交えた飲み会でした。


以前のmasagoのスタッフの土田さんやその周りのお仲間の大沢さん、小間さんというメンツで自分は土田さんは顔見知りでしたけど、こういう場で飲むのは初めてで、大沢さん、小間さんとは初見でしたが相当盛り上がって楽しい会合となりました!

終わった後、その後どうするか皆迷いましたが、泣く泣く本日はお開きに…笑


多分、皆不完全燃焼だったと思いますが 笑、また機会を設けてさらに規模を広げて集まれればと思います。


特に小間君は家も近く、番号も交換したので今後交流を深めていきたいと強く思いました。


土田さんと席を設けるのは初めてでしたが、イケメンにも関わらず非常に軽いノリでテキトーな感じがすごいツボだったんですけど、来週にも実家に帰られるとのことで非常に惜しまれますが、是非また一席設けていただきたいところです。

本人は(北)関東連合を作ると仰ってましたし 笑。

そんな感じで身内ネタでしたが、非常に楽しいひと時でした。


こんな感じで親睦を深めたり新たな出会いがあったのは、いつも仲良くさせていただいている糸井さんのおかげです。

糸井さん、今回も本当にありがとうございました!

こういう感じももちろんアリですし、ガッツリ語り合うときはタイマンでもいいんで、しみじみと語り合いましょう!

原宿でサロンをお探しの方は、気さくで優しく面倒見のいい糸井さん率いるmasagoへ是非!
by lords_of_canyons | 2009-04-23 01:01 | LIFE

durbuy

b0154783_2222094.jpg


書いている時系列がバラバラだが、今年4月に立ち上がったdurbuyというブランドの展示会に行ってきた。


durbuyはsabot(サボ)をベースとして様々なパターンをデザインし表現していくレディースのシューズブランド。


※sabotとはフランス語で木靴の意味。


sabotと言えばサンダルだが、固定概念を覆すようなデザインが溢れていた。

b0154783_2225198.jpg


レースをあしらったシューズ。レースはピンで止めてあり、形を自身の好みで変化させることが可能。

b0154783_2245790.jpg


北欧系の雰囲気を感じることができるファーをあしらったシューズ。

秋冬のコレクションなので色味が落ち着いたものが多いが、高級感と温かさのバランスの調和がすばらしいと思った。

b0154783_2254238.jpg


個人的に一番惹かれたのが、羽をあしらったこのシューズ。

色合いが非常に美しくドレッシーだが、どのようなスタイルに合わせても雰囲気が出そうで一番心に残った。


上記で紹介した以外にも今までに無い様なsabotのデザインが様々あった。

b0154783_228721.jpg


b0154783_2285297.jpg


b0154783_229868.jpg


b0154783_2211113.jpg



シンプルなパターンから大胆なパターンまで色々な表情を持っていて繊細さと豪快さも感じることができて、男の自分でも1つ1つ細部まで見入ってしまうほど魅力的だった。

デザイナーの中津さんからどのようなイメージでデザインされたかなど、色々とお話できて楽しかった。

次の春夏のコレクションも楽しみなブランド。


b0154783_2215370.jpg


デザイナーの中津さんと。


色々とありがとうございました。

次回の展示会も足を運びたいと思います。
by lords_of_canyons | 2009-04-20 22:17 | FASHION

会→改

b0154783_22225277.jpg


昼過ぎに整体へ行き、数か月分の蓄積されたダメージを緩和する。

束の間の休息。

…そして1時間後にはプロジェクトの打ち合わせ。

人との待ち合わせ前に中学時代の親友に似た人の姿を見かける。

電話してみると、案の定本人ではなく 笑。

その友人は仕事中で、たまたま休憩時間だったので少しの間だけ話すことができた。

自分と近い時期に結婚したので近況を伺うと…色々あったようで。

今度呑みにでも行ってゆっくりと語り合いたいものである。

彼が仕事に戻るので話の途中だったが電話を切り、自分も丁度人との待ち合わせ時刻に。


約1時間ほど喫茶店にて打ち合わせ。

大まかな感じだったが概要を話すことができて、今後の進行についてもしっかりと話し合えた。

これから徐々にだが、形にしていけそうな展望が見えてきたので非常に楽しみである。


仕事以外のことも色々と話したが、改めて人との繋がりの大切さを実感した。

モチベーションも上がったし、本腰を入れて進めていこうと思う。


ちなみに今までの自分の日記を見てみると、「改めて」って言葉が結構多い…

何度改めればいいんだよって感じはするが、「初心に帰って頑張ろう」と訂正しておこうと思う 笑。


写真:打ち合わせ場所は写真のものが販売されてる所ではありません。
by lords_of_canyons | 2009-04-18 22:35 | LIFE

BIRTH!

b0154783_22105456.jpg


…これ、何だかわかりますか?


実は最近誕生日を迎えまして、「サプライズイベントをプレゼント」とだけ伝えられていて、何もわからないまま当日ある場所へ出向くことになったのです。

中に入ると、受付でとりあえず荷物を全てロッカーに預けるよう指示がありました。

荷物をロッカーに入れ、イベント開始まで時間があったのでロビーのソファでくつろいでいたんですけど、ヒールを履いていた女性が

「すいません、スニーカー貸してもらえますか?」

と受付の人に頼んでいました。

「いいですよ。スニーカーの方が多分感触がわかりやすいと思うので。」

と受付の人の回答。


…感触?


まったく意味がわかりませんでしたが、身体を使うイベントのようです。


そしてイベントが始まりました。


1時間後…


別世界を体験してきました。

多分、ここでしか体験できないことだと思います。


お時間ある方は、是非探して別世界を体験してみてください。

内容は秘密です。



b0154783_22412863.jpg


誕プレ。70'S PUMA モデル名不明

エンジと茶色の中間くらいの絶妙なカラー+鮮やかなブルーの差し色の最高のカラーリングです。

自分は靴は気に入ったらそれしか履かなくなります。

故に潰してきた靴が何足もあるので、このスニーカーは大事に履こうと思います。


自分の誕生日を憶えていてくれて祝福してくれた方、メッセージをくれた友人、先輩方に心より感謝申し上げます。
by lords_of_canyons | 2009-04-17 22:45 | LIFE

muc69.com

b0154783_23224277.jpg


-Akira Muramatsu- 【muc69.com


自分の高校時代の友人のフォトグラファー、村松がHPを立ち上げてました。

昨年末に立ち上げてたようだけど、自分は昨日初めて知りました。村松のブログのLINKをたまたま見て。


知らなかったの俺だけ?

と思ったけど、誰にも言ってなかったようです。


まあ、彼は前にしゃしゃり出るタイプではなく、後ろからやさしく見守っているようなお父さん肌な人なので、彼らしいかなとは思いましたけど 笑。


少しHPを覗かせてもらったけど、いや~村松の写真は気持ちがやすらぐね。


性格も非常に温和で、側にいるだけで周りをなごませてくれるような彼の人柄がにじみ出ているな~と思いました。

(ざっと見た感想なので、詳細な感想はまだご容赦を 笑)


まだまだページに掲載している作品は少ないようだけど(と本人談)、自分にはバリエーションが豊かに思えたので、これからじっくりストーキング?しようと思います 笑。

彼はフリーのフォトグラファーとして活動していて、自分もこれから始める事業の関係でお仕事をお願いしています。

村松へ撮影のご依頼やご質問がある方はまず、彼のホームページをご覧ください。

温和でやさしい彼がどのような些細な質問でも丁寧に回答してくれるでしょう。


※本人に了承をいただいた上で記載しています。

トップの写真は…あ、断ってないや。友人だからいいよね? 笑


だめだったら村松の顔写真アップに差し替えます。
by lords_of_canyons | 2009-04-14 23:37 | LIFE

那須旅行記②-3

b0154783_2258761.jpg


パンを購入し、せっかくなので食事は外のオープンスペースで。

天気は決して良くはなかったが、逆に曇りがかった空がイギリスらしい雰囲気を演出していたように思えた。

b0154783_2314943.jpg


山の中の澄んだ空気の中でBreakfast。

自分が望んでいたような理想の朝食を迎えることができた。

近くに別荘を持っている貴婦人が大きい犬を連れて、散歩がてら立ち寄る光景も見受けられた。

しばらくゆっくりして店内のビートルズコレクションを見るため自分だけ店内に移動した。

b0154783_2342221.jpg


b0154783_2345346.jpg


b0154783_235282.jpg


b0154783_236794.jpg


b0154783_23191238.jpg


写真を撮りきれなかったが、本当に素晴らしいコレクションだった。

ビートルズが来日したときに着たと思われる当時のはっぴも飾ってあった。

b0154783_23133318.jpg


別のオープンスペースの入り口にはジョンの絵が刻まれていた。

十分に堪能した後、再び席へ戻る。

ゆっくりとした時間を過ごした後、お店を後に…と思ったら、よく目にする、アレが飾ってあった。

b0154783_23111980.jpg



特大アビーロード。


そして、お約束の…

b0154783_23133091.jpg


どういうわけか、ロボットのような感じになってしまった自分…。

せっかくのポージングが台無しになったところで、次の目的地へと移動するのであった。


To Be Continued…
by lords_of_canyons | 2009-04-14 23:16 | TRAVEL

コミカル?

b0154783_1554179.jpg


70'S~80'S OFF-ROAD T-SHIRTS  -SOLD OUT-

芸術とは言葉で言い表せないことを音楽、絵画などで表現するからこそ、そこに在るわけで、言葉で言い表せないことを言葉にしなくてはいけないとき、その矛盾と難しさを、時に痛切に感じるものでもあります。

なぜかと言うと、Tシャツにも同じことが言えるからです。(…ではないでしょうか 笑)


実店舗だったら、現物を見て雰囲気を感じて判断していただけますけど、オンラインショップでは、いかに商品の良さと雰囲気をお客様に伝えられるかが大切です。

写真だけでもある程度わかるものかもしれませんが、それはあくまでも主観的な考え…。

古着にあまり関心がない方にも理解いただけるように伝えていかなくてはいけません。


それでも自分自身、Tシャツはデザインを見て、その言葉に言い表せない魅力に引かれて購入するかどうかと考えている人間なので、正直説明書きなんていらないとさえ思っているのですが、反面、その商品の良さをできる限り伝えたいとも思っているので、やはり説明書きは避けられません。


しかしながら、言葉ではどう如何にしても伝えられない商品もあったりします。


それが、このオフロードTです。

このプリントの良さをどのように言葉で伝えられるか…?

自分はこのプリントの核心的なことに薄々感づいていましたが、それは決して説明書きには書けないWORD…。

考えに考えた挙句、自分はこのプリントをコミカルであると表現しました。

自分はこの表現に納得していましたが、早々に核心に迫られることになりました。


自分の友人がよく当店を見てくれているようで、その友人は店頭に出しているTシャツについて色々と感想を言ってくれます。

ある日、自分がその友人の家で一緒に当店のホームページを見ていたのですが、初めて友人がこのTシャツを見たとき、彼はソッコーで核心に触れました。


「何、このTシャツ!下手くそな絵だなあ…。」



言っちゃった。



あー、わかってますとも。俺だって最初っから気づいてたよ!と心の中で思いましたけど、核心に触れられたら返す言葉もありません。


あれから少し時間が経った後も、彼は下手くそな絵だと面白がって、ついには自分のパソコンの待ち受け画面にしてはしゃぎだす始末…。

これでは、当商品は浮かばれません。


しかし、やっと彼に返す言葉が思いつきました。

彼にまた下手くそと言われたら、こう言い返してやります。


それでも、俺はこいつがあいくるしいと…。


彼はきっと返す言葉も無く、当商品の良さを認識し始めるでしょう。
by lords_of_canyons | 2009-04-12 02:29 | SHOP

MYSTIC DADDY

b0154783_0454122.jpg


SLY MONGOOSE / MYSTIC DADDY

当ブログは一応洋服店のブログですが、このブログの検索ワードの第1位はなぜか

SLY MONGOOSE

という別ジャンルのワードです 笑


このワードでここに迷いこんだ方は、単なる洋服屋の評論で拍子抜けだったかもしれませんけど。

ちなみに第2位がパキ綿で、まあまあ、無難なところと言った感じですね。

多分、パキ綿についてここまで熱く語ってるブログは無いでしょう。

少し脱線しましたが、そんな結果だったので久しぶりにSLY MONGOOSEのホームページを開いたら、なんと新作がリリースされてたんですね…、ある意味ラッキーと言えばラッキーでした 笑。

早速チェック。

聞いてみると、今までの楽曲から作風を大きく変えてきたのでびっくりしました。

今までと違い、今回の作品は何と言うか音はそのままのスライだけど、ものすごい無機質で重厚なサウンドで予想を大きく裏切られましたね。

作りが今までとまったく違うので新しいスライの一面を感じることができると思います。

言葉で表現するのは難しいんですけど、まだ聞いてない人は今までのスライの固定概念を捨てて聞いたほうがいいと思います。

一言で表現するのであれば、バーボンって感じです。


まあ、今回のアルバムは前述したように作風が全然違うので多分好き嫌いがけっこう分かれると思います。

自分は…まだ判断できないのでもう少し聞き込みます。


いや、だけどサウンドのクオリティの高さは相変わらずさすが。
by lords_of_canyons | 2009-04-12 01:41 | MUSIC