<   2008年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

California trippin'③-10

b0154783_2224423.jpg


GRAND CANYON編最終章。

粋なバイカーに教えてもらったポイントへダッシュ!

そこには…崖に突き出た岩があり、手すりが付いて観光しやすい仕様になっていた。

このビューが最も有名なようで、当然、観光客も多かった。

突き出た岩の先まで行くことができるので、ほぼ360℃辺りが見渡せる。


N野が手すりに手をかけて、しばらく見入っている。


b0154783_22113577.jpg



写真の中心にあるのはコロラド川。そんな遠くに見えないが、実はここから一番下まで1.6kmもある…!

b0154783_22193940.jpg



壮大な景色をバックに4人でSHOT。自分、N野、A兄、トミー。

景色ももちろんだが、もっと恐ろしいのは全員古着のネルを羽織っていること 笑。 どんだけ古着野郎どもなのかと…。(もっと言えば、自分もジップアップパーカを羽織っていれば全員同じ格好だったと、今気づいた…。)


A兄とトミーはしばらくして車道まで戻っていたが、自分はしばらく、ボーっとこの景色をずっと眺めていた。

するとN野がやってくる。

自分「いやー、ずっとここに居たいわ。」

N野「わかるわー。何か、そういうとこは俺とおまえ似てるよなあ。」


ふと、一段下を見ると、老年の男性が話しかけてくる。グランドキャニオンについて語ってくれた。かつて、下まで降りたことがあるとか、下まで降りるには1日かかるとか。


老人と話し終わった後もしばらくボーっとしていた。

マジで、1日このままでいいと思っていた。



無心。何も感じず、考えることもなく、ただ、この景色を眺めていた。


しかし、我々には次の目的地、サンフランシスコへ向けて出発しなければならなかった。

惜しみつつも、15時頃にはグランドキャニオンを後にした。



絶対また来よう…と、その光景を目にしっかりと焼き付けて…!


Good Bye…GRAND CANYON!!
by lords_of_canyons | 2008-09-30 22:35 | TRAVEL

LONG SLEEVE SURF T

b0154783_1322043.jpg


L/S 80'S SURF T-SHIRTS  -SOLD OUT-  

ロンTが少し入荷しましたので紹介します…。と言いたいところなのですが、新着ではなくて、我がSHOPのロンT部門のエースを紹介します。

1980年代のロングスリーブのサーフTです。バックのプリントが個人的には最高峰に位置する類のデザインです。

自分の中では、豪快なサーファーやハイビスカスのイラストが描かれているデザインが最高峰ですが、このように鏡の中に描かれたようなフォトっぽいリアルなデザインもアジがあって、豪快なイラストのものと双璧を成す、すばらしいデザインだと思っています。


豪快なプリントのものを“動”とすると、このようなデザインは“静”と言ったところでしょうか。

サーフTのトップクラスの双璧であり、光と闇であり、表と裏であると、勝手に解釈しています。


豪快なプリントはポップ感が出ますが、このようなプリントは“渋さ”がにじみ出ます。


ゆるいキャラでチャラい感じで行くなら豪快なプリントを、サンセットの波打ち際でタバコ片手にたたずみたい方は(笑)こちらをお勧めします。


※ほとんど個人的な意見なので、参考程度に留めておいてください…。
by lords_of_canyons | 2008-09-26 01:46 | SHOP

AZIA

b0154783_151815.jpg


b0154783_15345.jpg


DEAD STOCK AZIA 80'S TOUR T-SHIRTS  -SOLD OUT-

デッドストックのAZIAのパキスタンコットンのTシャツです。

パキ綿についてはT-BOY'S LIFEでも説明してみましたが、とにかくあのベッタリとしたプリントの入り具合と安っぽいボディの雰囲気がマニア心をくすぐります。

当時は二束三文的な価格で売られていたというんだから、タイムマシーンがあったら全部買い占めたいと何度思ったことか…。

まあパキ綿に限ったことではないんですけどね。

当時の視点で見たら「パチもんだろ」とか、冷めた目で見られていたと思いますが、今じゃお宝クラスに昇りつめていますからね…。

デザインも様々ですが、このAZIAはデザインがめちゃくちゃカッコイイですね。(個人的な感想ですが…。)

何というか、RPGの強いボスが現れた!って感じなんですよね。ボスと対峙したときの驚きとちょっと緊張をするような感覚に似ています。(わかりづらいか…。)

AZIAファンはもちろんですが、そうでない人も単純に「カッコイイ」ので、ファッションに落とし込むとコーディネートの強烈なスパイスになるでしょう。
by lords_of_canyons | 2008-09-26 01:19 | SHOP

California trippin'③-9

b0154783_0292851.jpg


いきなり激シブバイカー登場!

ビューポイントからレストハウスに移動し朝食を取った後、駐車場でたまたま出発前のバイカー集団と遭遇した。


彼らはキャニオン・ツーリングをしているらしい。

「写真撮ってもいいですか?」

と聞くと、快くOK!

器の大きさもグランドキャニオン並みだな!と思った。


さらに、器のでかい彼らは

「ヤバパイポイント(Yavapai Point)とマーサポイント(Mather Point)には行ったか?この辺で一番すばらしい景色が見えるぜ!」

と、絶景のビューポイントまで教えてくれたのだ…!


そう言い残すと彼らは「GOOD LUCK…!」と言わんばかりにさっそうと去っていった…。


とても清々しく、渋い人たちだった…!

自分は彼らが視界からいなくなるまで彼らの背中を見ていた。


絶景のビューポイントを託された自分たちは、はやる気持ちを抑えながらヤバパイポイントとマーサポイントへ向かった…!

To Be Continued…
by lords_of_canyons | 2008-09-26 00:40 | TRAVEL

ROOKIES

b0154783_284016.jpg


ROOKIES (1) 森田まさのり


少し前までドラマやってましたけど、いや~ドラマも良かったですね。原作を知っている自分にはキャスティングに、ん?って思ったこともありましたけど、最終回は泣きましたね…。

みなさん、演技上手かったですけど、御子柴役の小出恵介君の演技が本当上手というか、最後の満塁ホームラン打って、泣きながら歩くシーンでグッときてしまいました。

原作でも最後の目黒川戦は御子柴フューチャーの戦いでしたが、最高潮に燃えた安仁屋フューチャーの笹崎戦がドラマではやらなかったので、映画では是非やってほしいですね。


それにしても、森田先生はアツイ人です。日本男児が忘れた心意気を今でも貫いていますね。

そういうのが無くなって気薄なこんな現代だからこそ、ROOKIESを見て あんなに大勢の人が感動したんだと思います。


特に難解な作品でもないですし、人によっては青クサイとか暑苦しいとかで片付けられてしまう作品かもしれません。

しかし、この漫画には人が生きる上で大切なこと、素敵な言葉がたくさん詰まっています。

自分もこの作品に背中を押してもらった一人ですが、キャラクターにも相当感情移入しましたね。

特に、若菜は性格的に自分とソックリで、若菜の行動や言動を見ながら、うわー、わかるわかるって感じで、勝手に興奮してましたね 笑。(血液型も一緒だし)


自分はあんなにすぐ怒ることは無いですが 笑、若菜って感情がすぐ表に出ますよね。キレたら、すぐ怒鳴る、殴る。悔しかったら人目をはばからず泣いたり、強がってみたり。

そういう部分と自分を照らし合わせながら読んだりしていました。

何度も読み返す大好きな作品の内の一つです。(今はGANTZを最新刊まで何度も読み返し中…。今ではすっかりマニア 笑。)
by lords_of_canyons | 2008-09-22 02:37 | BOOK

Schott LEATHER

b0154783_1493466.jpg


70'S Schott G-1 TYPE LEATHER JACKET  -SOLD OUT-


1970年代のSchottのG-1タイプのレザージャケットです。

首のボアは取り外しが可能なので、取り外してA-2仕様にもなります。

b0154783_152672.jpg



こんな感じです。

内側に起毛したライナーも付いているのですが、これも取り外し可能なので、春、秋、冬の3シーズン着用可能な、オールマイティなジャケットです。

バイカーやロッカーは夏も革ジャン…と言いたいところですが、夏に革ジャンを着ているのはギターウルフくらいなので(笑)、さすがに夏も着れるとは言いません。


実は当商品、2年前のロスで買い付けたものなので、ずいぶん前から眠っていたのですが、昨年は店を立ちあげたばかりで右往左往していたので、出すタイミングを失ってしまい、今年ようやく陽の目を見ることになったのです。

個人的に愛着もありますが、何より、サイズが34というスーパーグッドサイズ、ボアに虫食いや破れの無い、スーパーグッドコンディションなので、パワープッシュでお勧めいたします。

サイズ合う方はお見逃し無く!
by lords_of_canyons | 2008-09-22 02:00 | SHOP

H&M

b0154783_22373095.jpg


たまたまこの日は、銀座に足を運ぶことになり、たまたま日本初上陸のH&Mの銀座店OPENの日でもありました。

とりあえずどんな感じか見てみようと思いましたが、既に入場規制がかかっていました…。

じゃあ、せめて最後尾はどこまでか見に行こうと思い、歩くこと約5分。



…全然最後尾見えねー!!



結局最後尾すら拝めることできず退散しました。

ちなみに、H&Mはスウェーデンのアパレルメーカー、ヘネス・アンド・モーリッツ (Hennes & Mauritz) が展開するファッションブランド。低価格かつファッション性の高い服で世界的に人気のあるブランドです。(得意のウィキペディアより抜粋 笑。)


後からわかったことですが、この日は入場するのに3時間待ちだったそうです…。

最初に入店した人は前日の夜8時から並んでいたそうです。H&M効果もあってか、この日の銀座のSHOPは盛大に盛り上がっていました。


この光景を見ていたとき、自分が原宿で働いていたときのことを思い出しました。

自分がこの業界に入って間もない頃は、この銀座と同じように原宿のマーケットも今より盛り上がっていて活気づいていました。

自分は特に忙しい土曜日、日曜日の出勤を楽しみにしていました。


活気あるマーケットの中で仲間でスクラムを組んで、精一杯接客してお客さんに洋服を買っていただく。


アパレル業界で働いていて、これ以上の幸せはありません。


今は自営業でのんびりと営業していますが、忙しい中で働いていた頃の気持ちを大切に持って、これからも精一杯自分の一番好きな世界観を打ち出して、見ていただける方に楽しんでいただけるSHOPにしていこうと改めて思いました。
by lords_of_canyons | 2008-09-16 23:24 | FASHION

Remains

b0154783_20555315.jpg


勝どき橋です。築地から歩いてすぐの場所にあります。

隅田川の周りでのんびりと過ごしている人が多かったです。

昔、こち亀を読んで知ったのですが、かつてこの橋は船を通すため、一定感覚で真ん中からパカっと開いたんですよね。

今では見ることのできない情景です。


この後、銀座まで歩いていきました。

b0154783_2161374.jpg


銀座にある歌舞伎座です。偶然通りかかりました。

今まで身近で見る機会はありませんでしたが、こうして歌舞伎座の前に立つと存在感に圧倒されました…!

周りにいる人もきらびやかな洋服や整った着物でビシっとキメて歌舞伎に臨んでいるようでした。

この周辺の雰囲気は周りと一線を引いていて、このような雰囲気を味わいながら、いつか自分も歌舞伎を見に行きたいと思いました。

歌舞伎は一度見ただけじゃ理解できない世界だそうですね。

そのような奥深さもとても魅力的です。
by lords_of_canyons | 2008-09-16 22:03 | LIFE

ナ・バ・テア

b0154783_10572430.jpg


ナ・バ・テア / 森 博嗣

スカイ・クロラの続編のナ・バ・テアを読みました。

ナ・バ・テアの正式名称は“None But Air”。


続編ですが、時間軸はスカイ・クロラより以前、この物語の最初期にあたります。

主人公はまだ指揮官になっていないパイロット時代の草薙水素です。

映画のスカイ・クロラはスカイ・クロラシリーズのあくまで一部分なので、こうして原作を読むと、草薙水素がどうしてそのような考えに至ったのかとか、キャラクターの形成、背景が見えてきますね。

いやあ、是非このナ・バ・テアも映像化してほしい。


ますます映画のスカイ・クロラをもう一度観たくなりました。

とりあえず、スカイ・クロラはDVDが出たら購入は間違いないな…。
by lords_of_canyons | 2008-09-15 11:42 | BOOK

MAGNA≠STROKES

b0154783_20491953.jpg


80'S MAGNA T-SHIRTS  -SOLD OUT-

1980年代のMAGNAのTシャツです。恐らくタバコメーカーのものだと思いますが、このロゴ、どこかで見たことありませんか?













b0154783_10274882.jpg


THE STROKESのロゴマークと瓜二つです。

年代的にはSTROKESの結成よりTシャツの方が古いので、恐らくSTROKESはMAGNAのロゴをパクっ…いや、インスピレーションを受けてロゴマークを作成したのでしょう。


古着や古いカルチャーを見ていると、こういうことに気づいてしまうんですよね 笑。

自分も、もしロゴマークなどを作るときには色々と参考にしようと思います。
by lords_of_canyons | 2008-09-15 10:41 | SHOP