Mother Cradle

b0154783_10205331.jpg


この度、自身のブランドである「Mother Cradle(マザー・クレイドル)」を設立しました。


2008年9月から独学でハンドメイドのレザーブレスレットの制作を始め、このように発表できるまで約2年半もの時間を要しました。



ヴィンテージTシャツのオンラインショップを既に立ち上げていますが、ヴィンテージTシャツをメインに展開しているお店は少ないとはいえ、既製品を販売しているだけであって、それももちろん誇りを持って営業していますが、昨今のオリジナリティーが求められる世の中で営業していく中、自分だけの「唯一無二の存在」が欲しいと考えるようになりました。



以前から刺繍で彩られていた革のブレスレットを探していましたが、なかなか思ったような製品が無かったので、じゃあ自分で作ろうと思ったのも始めるきっかけの一つです。


特にスクールに通うわけでもなかったので、制作を開始した当初は当然何もわからず、とりあえず道具揃えて制作をはじめました。

試作品を親しい人に見せては修正し、また作ってはダメ出しを受け、へこみつつも立ち直っては制作し、それをずっと繰り返してきてようやく今の形になりました。

自分にはもう一つ夢があり、それは違う分野だけどこれまで共に励ましあい頑張ってきた仲間といつか一緒に何かやりたいと漠然と考えていたことです。


ブランドのホームページを制作するにあたり、ロゴや扉絵を自分が知る中で一番絵が上手い友人に描いてほしいと考え、ブランドのイメージ写真を10代からずっと共に頑張ってきたフォトグラファーに撮ってもらい、ページにテーマミュージックを付けるため、やはり共に頑張ってきた作曲家の友人にお願いしたいと思いました。



彼らはすべて高校時代からの友人で、今こうして洋服の仕事をやれているのも彼ら無しでは成し得れなかったことであり、そんな彼らに自分のブランドの構想を話し、快く応じてくれて一つのものを完成させることができたことは、自分の夢の一つが叶ったことでもあります。


もちろん制作する中で苦難も多くありましたが、彼ら以外にも多くの支え、出会いがあってこのブランドの完成まで導くことができました。


自分は尊敬している先輩方が何人かいますが、その中の一人で独学で何もかも行い、現在ではブランドを持ち第一線で活躍されている先輩がいます。


その人は英語を習得するときもブランド立ち上げ当初からも一切を自分で行い、自身のホームページ制作までをも独学で学ばれ、完成させてしまう何かを行うにあたって姿勢を見習うべき方です。



自分はその方に比べたら全然だし、実際その方がどのくらい苦労したかは自分にはわかりませんが、「独学最高」と言いながら意欲的に自分自身を構築していく先輩の姿勢は自分の他人よがりな姿勢を一変させました。


この人と出会い、人間はその気になれば本当に何でもできるということを教わりました。


その方には制作していることは話しましたが、自分も独学で最後まで制作すると決めていたので、その人にはあえて何も相談しませんでしたが、こうして形にすることができました。


この人の出会いも含めて考えると、大袈裟ではなく全ての出会いもこのブランドの一部になっているということを実感しています。


逆を言えばこれまでの自分の人生の出会いの中で一人でも欠けていたら存在することも叶わなかったブランドなので、そういう意味では人生のすべてが繋がって実を結んでいると感じています。


これからようやくこの事業について語っていくことができるので、2年半分の言いたかったことをこちらのブログでどんどん更新していきます。



ここからがスタートなので決して慢心せず、常に努力を怠らず、これからも仲間と共に成長できればと思います。


もちろん、VINTAGE T-SHIRTS T-BOYも変わらず運営していきますので、宜しくお願い致します。



【Mother Cradle】

http://www.mother-cradle.com/


b0154783_2262598.jpg




VINTAGE T-SHIRTS T-BOY
URL       http://www.t-boy.jp/
MAIL      info@t-boy.jp
TEL/FAX    03-6379-1981
by lords_of_canyons | 2011-01-23 00:00 | SHOP