YES

b0154783_04453.jpg
b0154783_042264.jpg

DEAD STOCK YES 1984 TOUR T-SHIRTS  -SOLD OUT-


今月初となるブログです。

今月から気分を一新して改めて色々な商品をご紹介していければと思います。

と言っても商品紹介でなかなか筆が進まないのは、商品説明文にほぼ言いたいことを書いてしまっているので改めて書くのも…という風に思っているんですけど、このブログだけ見ていただいている方も中にはいらっしゃると思いますので、こまめにご紹介していきたいと思います。


YESのTシャツは1970年代から様々なデザインが出ていますが、なんと言ってもアートワークが最大の魅力です。

音が好きな人は思い入れも強いと思いますが、デザインだけ見ても非常に繊細でバンドに思い入れが無い自分でさえも魅かれるデザインばかりです。

特に1970年代のプリントは何というか、幻想的で奥ゆかしく、1980年代のものでも、今回ご紹介させていただいているTシャツのように激しさも持ち合わせていて魅力的です。

b0154783_0241967.jpg


このTシャツはカナダ製のデッドストックですが、カナダ製のTシャツはこのYESに限ったことではなく、ほとんどのラグランのロックTが両面プリントだけでは収まらず、袖にまでプリントが入っている隙の無い仕様となっています。

その分派手な印象も受けますが、袖にまでプリントが入っていると1枚だけでも同じラグランTより得したような気分になります。(自分だけかもしれませんが 笑。)


もう一つの特徴が素材です。

アメリカ製でも綿ポリのラグランTは多くありますが、カナダのボディは生地自体が非常に柔らかく、しなやかなように感じます。

この独特な生地感からタグや表記が無くても恐らくカナダのボディだなと推測ができます。


プリントの豪華さや生地の質感はアメリカ製のものとは違った意味合いで魅力的であり、1980年代のロックTの地位を確立しているように思えます。

ロックT一つだけ取ってみても、生産国やプリントの雰囲気、生地の質感など細かく挙げるときりが無いほどそれぞれに魅力があり奥深い世界です。

次回は既にUPされていますが、さらに派手なカルチャークラブのデッドストックのTシャツ(カナダボディ)を紹介します。
by lords_of_canyons | 2010-03-02 16:48 | SHOP