CUSTOM JACKET

b0154783_21353660.jpg

b0154783_2135574.jpg

70'S DENIM×CROCHET JEAN JACKET  \8,190-


日が落ちるとTシャツ1枚では肌寒いくらいになってきました。

これからの季節はTシャツの上にシャツやジャケットを羽織るスタイルがほとんどだと思いますが、当店ではTシャツに合わせるジャケットというのを前提にジャケット類を展開しています。

前回入荷分の細かい紹介をしていなかったのでこれから1枚ずつ紹介していこうと思います。


まずは1970年代頃のハンドメイドのデニムジャケットです。

無名のメーカーでデニムもこのメーカーのオリジナルだと思いますが、恐らく1970年代のデニムクラフトで有名なAntonioと似たようなブランドだと思います。

このメーカータグを見るのは初めてなので確かなことは言えませんが、多分デニムをベースにこのジャケットのようにニットを編み込んだり、カスタマイズして商品を展開していたブランドだと思います。


デニムのパッチワークや刺繍などのリメイク、カスタムはよく見かけますが、このようなニットを編みこむカスタムは非常に珍しいですね。

ネイティブを強く感じるデザインですが、編みこみが非常に丁寧で写真を見ていただければわかりますがフロントは無地なのでプリントTシャツを合わせてもニットの柄とぶつからずコーディネートできます。

特に両面プリントのTシャツは上着を羽織るとバックプリントが見えなくなるので、少し物寂しい気持ちになってしまいます。

しかしこのジャケットはバックにこそ主張があるので、Tシャツのプリントが隠れてしまう惜しい気持ちが吹き飛びます。


そういう意味では非常に有意義で、クセがあるのに合わせやすい優れたジャケットだと思います。


古着は1点物の魅力がありますが、正にそれを象徴するかのような1着です。


1970年代前後はカスタム、リメイクされたジャケットが多くありますが、このようなニットを編みこんだデニムジャケットは滅多に出てこないので、機能面から見ても商品価値から見ても非常にお勧めです。
by lords_of_canyons | 2009-09-30 21:55 | SHOP