70'S YAMAHA

b0154783_23274158.jpg

b0154783_2328876.jpg

70'S YAMAHA T-SHIRTS  \8,190-

1970年代のYAMAHAのTシャツです。

YAMAHA、HONDA、KAWASAKIなど日本が誇るバイクメーカーは自分が生まれる以前から世界で活躍していました。

今でもアメリカで走る車は日本車や韓国製の車が多く、アジアの車両技術の影響が伺えます。


アメリカが誇るHARLEY DAVIDSONはもちろんですが、1970年代以前よりの日本のメーカーのTシャツも雰囲気はアメリカものに引けを取らないくらいカッコいいデザインが多いです。

このTシャツも現地のショップの販促用ですが、フロントにYAMAHAのロゴがシンプルにあり、バックにはバイクとライダーが描かれた、いかにもアメリカを感じさせる男らしいデザインで非常に雰囲気があります。

特にモーターサイクル系が多いのですが、アメリカのTシャツは個人のお店の販促用と思われるTシャツが数多くあります。

普通、Tシャツを販促用で製作するのは日本では大企業がほとんどで、個人商店のTシャツなんかがもしあったとしても町内でばらまかれて終わりでしょう。


…というのは言い過ぎましたが 笑、日本には個人の商店がわざわざ販促のためにTシャツを作るという風習がほぼ無いと言っていいと思いますが、アメリカにはこのような個人のショップのTシャツはよく見かけます。

中にはどこ?って感じのレストランのTシャツなども見かけます。


Tシャツ一つにしても、よく見ると日本人とアメリカ人の文化というか感性の違いの大きさがわかってきます。


最も当時(1970年代~80年代)の日本は高度経済成長期を越えた辺りですから、あまり利潤が見込めないような手段は踏まなかったのかもしれませんね。

それか、Tシャツをわざわざ作るという発想自体無かったのか…。


色々と考えや想像が膨らむのがこういう商品を扱っていて楽しい時間ではあるのですが、日本でも1970年代の商店街の酒屋さんや米屋さんのTシャツとか、スナックとか、キャバレー(死)のTシャツとかあっても良かったじゃないかな~とか思いますね。

もしかしたら物好きで作られたりしているのかもしれませんけど、個人的にはもし日本の当時の個人商店のTシャツとかあったら見てみたいですね。


販促用のTシャツは日本のものでまったく同じように再現したら、このTシャツのバックプリントのように様になるとは考えにくいですが、やはりアメリカのものは英語ってだけでかっこよく見えます。

このTシャツで言えば文字の入り方とプリントの組み合わせが特にかっこいいですね。


色々なデザインの中でも販促用のものは多彩なデザインがあるのでアメリカ文化を感じるという点では特にお勧めです。
by lords_of_canyons | 2009-09-01 23:51 | SHOP