パキ綿 

b0154783_170723.jpg


b0154783_1702335.jpg


AEROSMITH 80'S TOUR T-SHIRTS  -SOLD OUT-


今回の記事は以前のブログからのほぼ転載なので、以前のブログを読んでいただいた方にはクソつまらない記事なんで 笑、読み飛ばしてください…。

(ネタが無いわけではなく、一応、今回掲げたコンセプト的にTシャツのディティールを細かく紹介したい気分になったので…改めてということで。)


パキスタンコットンのTシャツは通称パキ綿と呼ばれ、名前の通りパキスタンのコットンを使用したTシャツです。

特徴としてはコットン100パーセントですが伸縮性に富み、安価なため作りが非常に脆いです。 アメリカでパキスタン製のコットンを使用したTシャツが使われるようになったのは1970年代まで遡ります。

今でもミュージシャンのライブ会場に行くと会場の外で正規品ではないTシャツを販売している人がいるのをしばしば見受けますが、それと同じで当時のアメリカもライブ会場の外で正規品ではないTシャツを販売していました。

会場に入れない人や会場でTシャツを買えなかった人達に販売する目的で主に黒人が安価なパキスタン製のTシャツを仕入れてプリントを施し正規品よりかなり安い値段で販売を始めたのがパキ綿・ロックTの起源です。

今でいう、ブートもの(海賊盤)にあたるのですが、プリントの豪華さ、パキスタンコットンの独特な風合いが現代では貴重視されて2004年のロックTブームのときにかなり高額な値段で取引されていました。

ブームの後に当時のパキスタン製のコピー品が出回っていますが、当時の製品は未だに高値で取引きされています。


現行品と当時物の見分け方の一つはタグを見ることです。当時物で代表的なタグは「FANTASY」「T-SHIRTS JANCTION(綴りが間違ってるかもしれません。)」「RN0000~(ブランド名無し)」などです。

b0154783_17143990.jpg


b0154783_17145610.jpg


b0154783_1715931.jpg


これらのタグが付いていれば絶対に当時物かと言えば、現行品にタグを後付けされたりしているものもあるので100パーセント当時物とは言い切れません。

やっかいなのは、間違いなく当時物なのにタグが切れているため、誰かが正規のタグを後付けして偽物なのでは…?と疑惑を持たせるようなものもあったりします。

また、ボディやプリントの作りも判断材料になります。当時物はガーゼと言ったら大袈裟ですが、それくらい伸縮性があり、プリントもペンキをベッタリつけたような分厚いプリントです。

現行品はモノによっては当時物と見分けがつかないくらい精巧な作りをしていますが、粗悪なものは明らかにプリントが単純な水性のものだったり、ボディがただのポリコットンだったりします。

タグ、ボディ、プリントを総合して当時物か現行品かの区別していくしかないでしょう。

まずは当時物を見て触って雰囲気を掴めば自分の中で判断する基準ができると思います。

さらに加えると、どのデザインがリプリントされていて、どのようなデザインが当時物でしか無いかということをひたすら見て覚えるしか無いでしょう。

正直、自分自身も未だに判別に苦しむものもあったりします。


また、お店に全く同じものが何枚も並んでいるのも怪しむポイントです 笑。

滅多に当時のものがバンバン出るわけないですからね。

安価に楽しむならコピー品もアリかなというのもわかりますが、見る人が見ればどうしてもコピーだとわかってしまいます。


コピー品は結局一過性であり、飽きられて着なくなったり捨ててしまうので、やはり一生もののオリジナルを求めて長く付き合ってほしいですね。


また何かあれば追記しますが、以上を踏まえてパキスタン・コットンのディープなロックTワールドを楽しんでください。

P.S. お店でもタグを年代別に紹介するページ(随時更新中)を作成したので、こちらも合わせてご覧ください。
by lords_of_canyons | 2009-01-31 17:29 | SHOP